恋愛活動を恋活と略してあることについて

恋活とは恋愛活動の略です。
この言葉を聞いただけで、ずしりと響きます。
人生の中には大きな活動をするように迫られる時期が必ずやってきます。
例えば、就職活動、略して就活です。しかし、恋活は就活とは違い、必ずしも行う必要はないので安心できます。
就活と恋活のどちらにも共通しているのが略しているというところです。2つの言葉で思ったことは、大事なことになるほど言葉を短くして柔らかく聞こえるようにしています。
就職活動と聞くと、真に受けて重いです。また、恋愛活動と聞くと、恋愛した事がない人にとっては重く感じるはずです。

私は、重く感じました。

しかし、恋活と聞くと、愛と動くという言葉を見ないだけで少しマシになったように思います。
愛に動くって、急には動けないよ!って感じです。これは、私だけが思うことでしょうか?
もし同じように思う人がいたら仲間です。
こう思ってしまうと、踏み出しにくくなりますから、恋活のほうがいいでしょう。なんか、恋愛漫画のような世界で夢を感じます。
そう考えると、楽しくなってきます。

Read More

いつだって恋活は出来るといいますが

学生の時は、それこそ隠れて付き合うカップル、堂々と付き合っているカップル、両方がいたなと思います。

そう言う私には、恋人はいませんでした。

あっさりとした性格なので、どちらかと言えば、同じような人が良かったのですが、どうも異性運は悪かったようです。

そうは言っても、お年ごろで皆周囲が結婚して行くものだから、自分も、と意気込んだものの、
何せ、若い時から恋活に頑張った友人が、異性との付き合いをその時に学び、それを婚活に発展させて言ったに対し、
私は完全に素人です。出来る時に出来ることはやっておくべきだたと思いながら、とにかく、年齢に関係ないと
言われる恋活に焦点を定め直して、相手探しをすることにしました。

思いの他、婚活より、恋活の方が行動しやすいと言う人は居て、これなら、と、
楽観的に考えたものの、
一難去ってまた一難、しかし、失敗しながら経験しながら、恐れず前に進んで行けば良いでしょう。

恋活には恋心を忘れない事、これだけを守っていれば、追えばさる、地道にやっていれば、
運は向こうからやってくるかもしれません。

Read More

出会いは必然だけど・・・

友人のY子が、興奮しながら話していた。
「この出会いは、偶然じゃない!必然なのだ!」

街中で、素敵な男性と目があったんだって。
Y子は、勝手に運命だと思い込み、その男性に近づいて
連絡先を聞いたらしい・・・そして断られたんだって。(笑)

「彼女がいるって言ってた。あ~あ、一足遅かったか」
そういう問題かなぁ・・・?

「でも私、あきらめないよ。この出会いは絶対必然なんだ」
いや・・・出会いじゃないし、勝手にあなたが目をつけただけでしょう?

「きっといつか、私の気持ちをわかってもらえるって信じている」
思い込みが激しいなぁ・・・

「それまで、彼にもうアタックするぞ~!」
ストーカー行為で逮捕されちゃうよ・・・

「これから神社にお願いに行くんだけど、付き合ってくれない?」
今度は、神頼みかぁ・・・

「願えば叶うっていうじゃない」
そういう願いを神様が聞いてくれるとは思えないけど・・・

こんな感じで、勘違い恋活を何年も続けているY子に、
誰か愛の手を差し伸べてくれないかしら?

Read More

朝活+恋活、ジョギング作戦の効果は?

 よく、周囲の友人女子たちが「出会いがない~、全然ない」と嘆いています。そういう彼女たちの生活コースをさりげなく聞いてみますと、会社(勤め先)←→自宅への往復ばかり。それで「会社や取引先には、タイプの男性がいない」「いても既婚」とため息をつき、「だから婚活も恋活もやりにくい…ネット見るのが精いっぱい」と結論づけてしまっています。

親友Oは果敢にも合コンに頻繁に参戦しているのですが、「女子も男子も、どうも疲れた顔してばかりで…話ものらない」と嘆きます。確かに、夕方~夜とお仕事を終えてからの『恋活』は物理的にエネルギー不足になりがちですよね。

それなら、たまに市町村がやってる恋活関連のイベントに休日参加してみたら?と言うと「どこも遠いよー、休日は寝ていたい」…うーん、これではマイナスの循環から抜け出られません。

そんな彼女に、苦肉の末に私が提案したのは「朝活に恋活を組み入れたらどう?」彼女が時々、遅番の日にジョギングをしていることは聞いていました。ただ自宅周辺を黙々と走っているそうなので、広域地図を引っ張り出し、人通りはあるが走ったことのないコースを二人でじっくり考えてみたのです。それに、少し離れた市民公園ならば他のジョガーとも行きあえますし、その中で出会いがないとは…誰にも言えないのです!

Oは私の作戦を聞いてかなりその気になってきたようで、時々結果報告をくれます。「とりあえず今の所動きはないけど、確かに市民公園には素敵なアスリート系男性がけっこういる!まず目の保養になっている!!」と興奮がちのメール。季節が和らぐにつれて、彼女の春も近いのではないか、いや近くなってほしい!!と、陰ながら応援している日々なのであります。

Read More