戀愛に対して臆病にならないで

『誰かと恋愛をしたい』という気持ちは、だれもが持っているものだと思います。
仕事が忙しかったり、趣味にのめりこんでいたり、つらい失恋を経験した後には恋愛をしたいという気持ちがなくなってしまうでしょう。しかしながら、その状態がずっと続いていくと、ついつい恋愛をすることが面倒になってしまいますよね。
誰かを好きになるのは勇気がいることですし、相手との関係を深く築いていくことは簡単なことではないかもしれません。だから、億劫になってしまい、恋愛が遠のいていくのは残念に思います。

婚活の心強い味方、結婚相談所をすでにご利用の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?   結婚相談所のイメージと言うと、 「手続きが面倒」 「実際にはあまり紹介してもらえない」 「高額のサービス料が請求される」 などの不安をお持ちの方もいらっしゃるようですね。しかし、最近ではネットによる情報の充実もあり、これらの点についてはほぼ心配ご無用です。   当サイトでは、ネットの口コミ情報などを基に、サービスの質やコスト面などで人気の結婚相談所を厳選し、各サービスの特徴やお値段などを比較しながら紹介しています。   まずは第一歩!結婚相談所のご利用についてご検討下さい。
参考:結婚相談所口コミランキング|体験談や成婚率で比較!

簡単にできる恋活の一つに、恋愛映画を見るということがあります。王道のラブロマンスがいいでしょう。恥ずかしくなるようなセリフやシチュエーションに赤面してしまうかもしれませんが、恋愛をしたいという気持ちを思い出すきっかけになると思います。また、仕事が忙しく映画館にいく時間が取れない方のために、最近では手軽にスマホ小説というものもあります。
素敵な恋バナに触れることで胸をときめかせてみませんか。

Read More

恋活について思うこと

近頃は婚活だったり、妊活だったり、そして恋活だったりと新たな言葉が増えたように思います。といっても元々就職活動のことは就活といっていたのでバリエーションが増えたというべきでしょうか。

これらの共通点は意識して情報を収集して努力をしないと結果を得ることが出来ない点です。簡単にとか無意識に出来ることではないということが出来ます。学生の頃などは恋愛というのは意識してするというより、好きになった相手と付き合えるように努力をするといった類のものですが、社会人になると出会いは少なくなるし、意識してアンテナを張っていないとその数少ない出会いさえ見落としてしまうのです。

だから恋愛に対する意識も変化したように思います。まあ女性の場合は年を重ねるとお付き合いの意味も違ってくるのは当然だと言えます。学生時代の恋愛は楽しければいいけど、20代半ばくらいから結婚相手を識別する為のモノになるのです。

積極的に恋活をしているというのは合コンや街コンをし、いい人がいたら友達に紹介してもらうといったところだと思います。結婚相談所までいったらそこから婚活といった認識です。街コンは微妙なラインで人によっては婚活なるのかもしれませんが私の中では恋活という括りです。

Read More

無理なく自分磨きや出会いを求めましょう

恋愛をしていると毎日がワクワクして幸せな気分になれますよね。今婚活をする女性がたくさんいると思いますが、まずは恋活をしてみてはどうでしょうか。恋活をすると、自然に綺麗で素敵な女性になれること間違いなしですよ。
まずは恋活に一番大切なのは自分磨きです。相手に好きになってもらえるように、可愛くて綺麗な女性を目指しましょう。私も恋がしたいな、と思ったらまずメイクやファッションに気を使い自分磨きを頑張りました。

また、やはり出会いがなければ始まらないので新しいことを始めてみてはいかがでしょう。新しくアルバイトをしてみるとか、習い事を始めてみるとか、どこに出会いがあるか分からないのでとにかく始めてみることが大切です。

今まで消極的だった人は積極的に色々参加してみるといいですよ。友達との飲み会を増やしてみるとか、自分に合ったペースで無理なく出かけてみましょう。
恋愛は決して両想いじゃなくても、毎日に刺激ができそれだけでも自分にとってプラスになる素敵なものです。

Read More

恋愛活動を恋活と略してあることについて

恋活とは恋愛活動の略です。
この言葉を聞いただけで、ずしりと響きます。
人生の中には大きな活動をするように迫られる時期が必ずやってきます。
例えば、就職活動、略して就活です。しかし、恋活は就活とは違い、必ずしも行う必要はないので安心できます。
就活と恋活のどちらにも共通しているのが略しているというところです。2つの言葉で思ったことは、大事なことになるほど言葉を短くして柔らかく聞こえるようにしています。
就職活動と聞くと、真に受けて重いです。また、恋愛活動と聞くと、恋愛した事がない人にとっては重く感じるはずです。

私は、重く感じました。

しかし、恋活と聞くと、愛と動くという言葉を見ないだけで少しマシになったように思います。
愛に動くって、急には動けないよ!って感じです。これは、私だけが思うことでしょうか?
もし同じように思う人がいたら仲間です。
こう思ってしまうと、踏み出しにくくなりますから、恋活のほうがいいでしょう。なんか、恋愛漫画のような世界で夢を感じます。
そう考えると、楽しくなってきます。

Read More

いつだって恋活は出来るといいますが

学生の時は、それこそ隠れて付き合うカップル、堂々と付き合っているカップル、両方がいたなと思います。

そう言う私には、恋人はいませんでした。

あっさりとした性格なので、どちらかと言えば、同じような人が良かったのですが、どうも異性運は悪かったようです。

そうは言っても、お年ごろで皆周囲が結婚して行くものだから、自分も、と意気込んだものの、
何せ、若い時から恋活に頑張った友人が、異性との付き合いをその時に学び、それを婚活に発展させて言ったに対し、
私は完全に素人です。出来る時に出来ることはやっておくべきだたと思いながら、とにかく、年齢に関係ないと
言われる恋活に焦点を定め直して、相手探しをすることにしました。

思いの他、婚活より、恋活の方が行動しやすいと言う人は居て、これなら、と、
楽観的に考えたものの、
一難去ってまた一難、しかし、失敗しながら経験しながら、恐れず前に進んで行けば良いでしょう。

恋活には恋心を忘れない事、これだけを守っていれば、追えばさる、地道にやっていれば、
運は向こうからやってくるかもしれません。

Read More

出会いは必然だけど・・・

友人のY子が、興奮しながら話していた。
「この出会いは、偶然じゃない!必然なのだ!」

街中で、素敵な男性と目があったんだって。
Y子は、勝手に運命だと思い込み、その男性に近づいて
連絡先を聞いたらしい・・・そして断られたんだって。(笑)

「彼女がいるって言ってた。あ~あ、一足遅かったか」
そういう問題かなぁ・・・?

「でも私、あきらめないよ。この出会いは絶対必然なんだ」
いや・・・出会いじゃないし、勝手にあなたが目をつけただけでしょう?

「きっといつか、私の気持ちをわかってもらえるって信じている」
思い込みが激しいなぁ・・・

「それまで、彼にもうアタックするぞ~!」
ストーカー行為で逮捕されちゃうよ・・・

「これから神社にお願いに行くんだけど、付き合ってくれない?」
今度は、神頼みかぁ・・・

「願えば叶うっていうじゃない」
そういう願いを神様が聞いてくれるとは思えないけど・・・

こんな感じで、勘違い恋活を何年も続けているY子に、
誰か愛の手を差し伸べてくれないかしら?

Read More

朝活+恋活、ジョギング作戦の効果は?

 よく、周囲の友人女子たちが「出会いがない~、全然ない」と嘆いています。そういう彼女たちの生活コースをさりげなく聞いてみますと、会社(勤め先)←→自宅への往復ばかり。それで「会社や取引先には、タイプの男性がいない」「いても既婚」とため息をつき、「だから婚活も恋活もやりにくい…ネット見るのが精いっぱい」と結論づけてしまっています。

親友Oは果敢にも合コンに頻繁に参戦しているのですが、「女子も男子も、どうも疲れた顔してばかりで…話ものらない」と嘆きます。確かに、夕方~夜とお仕事を終えてからの『恋活』は物理的にエネルギー不足になりがちですよね。

それなら、たまに市町村がやってる恋活関連のイベントに休日参加してみたら?と言うと「どこも遠いよー、休日は寝ていたい」…うーん、これではマイナスの循環から抜け出られません。

そんな彼女に、苦肉の末に私が提案したのは「朝活に恋活を組み入れたらどう?」彼女が時々、遅番の日にジョギングをしていることは聞いていました。ただ自宅周辺を黙々と走っているそうなので、広域地図を引っ張り出し、人通りはあるが走ったことのないコースを二人でじっくり考えてみたのです。それに、少し離れた市民公園ならば他のジョガーとも行きあえますし、その中で出会いがないとは…誰にも言えないのです!

Oは私の作戦を聞いてかなりその気になってきたようで、時々結果報告をくれます。「とりあえず今の所動きはないけど、確かに市民公園には素敵なアスリート系男性がけっこういる!まず目の保養になっている!!」と興奮がちのメール。季節が和らぐにつれて、彼女の春も近いのではないか、いや近くなってほしい!!と、陰ながら応援している日々なのであります。

Read More

田舎と都会の出会いの違いについて

私は東京勤務でたくさんの出会いがありますが、私の中学の時のなかのよい同級生は田舎で働いているのですが、いつも出会いがないと嘆いており、電話でもいつもその話です。
出会いがないなら、東京ににくればいいじゃない、とおもうのですが、友人もいろいろ事情があるみたいで地元を離れるわけにはいかないのでしょう。確かに私も数年間田舎で働いたことがあるのですが、出会いというのはなかなか少ないです。
逆に東京に出てから、人生にはこんなに出会いに満ち溢れているんだ、と驚いたくらいです。でも私が思うに、田舎でも出会っている人はいるはずだし、結婚している人もいるわけだから、結局のところ友人はやり方がまずいのであって、きちんとしたやり方を行えば田舎でも出会いを達成することができるんじゃないかと思うのです。
なんのためにSNSなどあるのか、そういったことをもっと真剣に考えるべきでしょう。

Read More

皆はどこで出会ってる?

最近、会社と自宅の往復ばかりで、新しい出会いというものがありません。異性どころか同性の友達と出会うことすらありません。こういう生活を続けていると、世の中の結婚している人たちは、いったいどこで相手と出会ったんだろう?と思ってしまいます。やっぱり、積極的に婚活するべきなのかなと思います。
最近、婚活パーティーって言葉をよく聞くのですが、この間、テレビで観たのは、一緒に料理を作りながらの婚活。料理しながらなら、人見知りな私でも、自然と男性と話せるかなと思います。こういう何か作業をしながらの婚活っていいですね。
あとは、友達の紹介かな。ただし、年齢が上がってくると、友達の友達も、もう結婚しちゃっている場合が多くて、あまり期待できないかなとも思います。何か趣味があれば、サークルにでも入れるんだろうけど、これといった趣味もないので難しいですね。まずは、趣味を持つことからかなと思います。

Read More

婚活はあまり力を入れないでやるほうがうまくいきます

男性は大人になって社会に出ると自分で収入を得るようになるので新しい家族を作るために女性と結婚をすることになりますが、男性が結婚をするためには結婚してくれる女性の存在が必要になってきます。
そして結婚をしてくれる女性がいない男性は結婚をするためには自分と結婚してくれる女性を探すためにいろいろな活動をすることになりますが、この活動のことを婚活と言います。
そして婚活はあまり力を入れないでやるほうがうまくいきます。なぜなら力を入れすぎて婚活をすることによって結婚をしたいという思いが強くなってしまい、女性に避けられてしまうからです。逆に自然体の状態で女性と接すればそのままうまく関係を築くことができて結婚に結びつけることができます。
私も結婚相談所を利用して婚活をしましたが、自然体で婚活をすることができたのですぐに結婚相手を見つけることができました。

Read More